特長

システムトレーディングのための専用ソフトです

パイロンは、株システムトレードに特化されたソフトですから、売買シグナルの開発と検証、スクリーニング、バックテスト(過去データでの検証)など、システムトレードには不可欠な機能が標準で搭載されています。

トレーディングシステムを開発するには、次の4つの作業が必要になります。
パイロンは個人投資家がシステムを開発するためのソフトなので、当然この4つの作業に必要な機能がすべて含まれています。

株価分析ソフトの中には、自分の設定した条件で売買シグナルを出すことができるものもあります。しかし、システムを検証したり分析する機能がなければ、トレーディングシステムを開発することはできません。

プログラミングの経験は必要ありません

今まで個人投資家がトレーディングシステムを持つためには、まずプログラミングの勉強から始めなければなりませんでした。普通の人には敷居が高すぎてちょっと手ができません。

例えば、表計算ソフト「エクセル」に組み込まれているVBAというプログラム言語を使ってトレーディングシステムを作ることも可能です。しかし、非常に高度なプログラミングの知識が必要です。プログラムの勉強から始めていては、システムが完成するまでにどれだけの時間がかかるでしょうか。

パイロンは「プログラミングの経験がない人でもシステムを作成できるソフト」というコンセプトで開発されたソフトなので、マウスだけで簡単にシステムを設計することができます。

数多くのテクニカル指標に対応しています

パイロンは、数多くのテクニカル指標に対応しています。 条件式の一覧

ローソク足、移動平均線、RSIなどの有名なテクニカル指標はもちろんですが、あまり聞いたことのないテクニカル指標や個人が開発したマイナー(しかし有効な)指標など、いままで試してみたくても試せなかった指標にも対応しています。
また、同じ指標でも本によって計算式が違う場合もあるのですが、そういった場合でもできるだけ両方に対応するようにしています。

パイロンがテクニカル指標の種類にこだわっているのは、投資の本を読んでいて、使ってみたいシステムを見つけた時に、すぐパイロンで実現できることを目指しているからです。せっかく良いアイデアを見つけても、実現できないのは悔しいものです。

本格的なシステムを作成できます

テクニカル指標やチャート形状、ローソク足などを自由に組み合わせて、独自の売買シグナルを設計できます。ANDとORを組み合わせることで、さらに柔軟な設計が可能です。

【例えば】
といった売買ルールが作成できます。

また、損切りや利食いなどはストップシグナルとして簡単に設定できます。他にも、一定期間が経過すれば手仕舞うというストップや、利益に合わせてストップの水準を上げていくトレーリングストップにも対応しています。

【例えば】
などのルールを別途設定できます。

自分で作成したシステムを過去データで検証したり(バックテスト)、特定の銘柄で売買シグナルをチェックしたり、全銘柄の中からシグナルが出ている銘柄の抽出(スクリーニング)ができます。

株価データはDATA-GETに対応

パイロンでは、分析に必要な株価データは過去16年分が付属していますので、買ったその日からすぐに分析を始められます。

日々のデータ更新には、別途「DATA-GET」サイトとの契約が必要です。

DATA-GETのアクセス権を購入するには?

DATA-GETのコストは月々わずか1000円(年払いなら9400円 2013年1月現在)とお手軽な価格です。パイロンを利用する上で、これ以外のランニングコストは必要ありません。
また、権利落ち情報は弊社から不定期に配信していますので、株式分割などによる価格の調整も自動的に行われます。

パイロンの[自動更新]ボタンをクリックするだけで、必要なデータファイルをダウンロードから、株価データの更新までが完了します。

もしも、将来DATA-GETのシステムが変更された場合は、パイロンの[自動更新]が使えなくなる可能性があります。その場合はDATA-GETのサイトからファイルをご自身でダウンロードして[手動更新]を使ってください。手動更新の作業はとても簡単です。