エラーが表示されてパイロンが起動できません。
体験版をインストールし、パイロンを起動しようとすると、

「UCOPGDLG.DLLが見つかりません。」
「ソフト電池マネージャが利用できません。」

などのエラーが表示される場合には、下記の原因が考えられますので、順番に確認してください。

1.インストール時に管理者権限でログインしていますか?


Windowsに管理者権限でログインしているかを確認してください。
管理者権限でない場合は、管理者権限でログインしてから、再度、パイロンのインストールを行ってください。

2.パイロン体験版を再インストールしてください。


まれに、ダウンロードの失敗やダウンロードファイルの破損により、インストールが正常に行われない場合があります。念のため、もう一度、パイロンをダウンロードし、再度インストールを行ってください。
パイロン最新版のダウンロード

3.ソフト電池マネージャを再インストールしてください。


ソフト電池マネージャ(ソフト電池ランタイムプログラム)が破損している可能性があるため、一度キャッシュをクリアしてから、ソフト電池ランタイムプログラムのアンインストールと再インストールを行ってください。

(1) キャッシュをクリアする
Internet Explorer(IE)を起動して「ツール」メニューから 「インターネットオプション」を選択します。 次に、「インターネットオプション」ウィンドウが表示されますので、 「全般」タブで、「インターネット一時ファイル」のところの 「ファイルの削除」ボタンをクリックします。
そして表示された「ファイルの削除」ダイアログで、「すべての オフラインコンテンツを削除する」にチェックを入れて「OK」を クリックします。
「インターネットオプション」ウィンドウは「OK」をクリックして 閉じて下さい。

(2) ソフト電池ランタイムプログラムのアンインストール
コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」(WindowsXPの場合は「プログラムの追加と削除」)から「SdRt」で始まるプログラム(例:SdRt4000)を全て削除してください。
コントロールパネルは[スタート]−[設定]−[コントロールパネル](WindowsXPの場合は[スタート]−[コントロールパネル])にて起動できます。

(3) ソフト電池ランタイムプログラムのダウンロードとインストール
下記サイトからダウンロードし、サイトの解説に従ってインストールしてください。
ソフト電池ランタイムプログラムのダウンロード 外部リンク

(4) パソコンを再起動する
インストールが完了しましたらパソコンを再起動してください。


以上の作業を行っても、解決しない場合、下記内容をお書き添えの上で パイロンサポート担当 までお問い合わせください。
  • お名前(フルネーム)
  • ご利用のPCのスペックや型番
  • ご利用のOS(WindowsXPやVistaなど)
  • InternetExplorerのバージョン
  • 表示されたエラーメッセージやエラーコード

「よくある質問」に戻る