中値と中央値、値幅と実体値幅はどう違うのですか?
中値と中央値、値幅と実体値幅は、それぞれ下記の計算式で求められます。

 中値=(高値+安値)÷2
 中央値=(始値+終値)÷2




 値幅=高値−安値
 実体値幅=(始値−終値)の絶対値


「よくある質問」に戻る