テクニカル指標が上昇中、下降中という設定はできますか?
「○○とシグナルのクロス」という条件式を使います。

テクニカル指標が上昇中、下降中かどうかを判断するにはいくつかの方法があります。

1.指標と、指標の移動平均(シグナル)を比較
2.短期で計算した指標と、長期で計算した指標を比較
3.n日前の指標の値と、当日の指標の値を比較

3の方法はダマシが多く、また2の方法は使える指標が限られるため、パイロンでは主に1の方法を採用しています。

・MACD(12,26日) が MACDシグナル(SMA,9日) より上  →MACDが上昇中
・MACD(12,26日) が MACDシグナル(SMA,9日) より下  →MACDが下降中
・MACD(12,26日) が MACDシグナル(SMA,9日) を上抜け →MACDが上昇に転じる
・MACD(12,26日) が MACDシグナル(SMA,9日) を下抜け →MACDが下降に転じる

シグナルとはテクニカル指標の移動平均のことで、上の例では、「MACDシグナル = MACD(12,26日)の9日単純移動平均」となります。株価の移動平均線と同じように、移動平均の期間を長くするとダマシは減りますが、シグナルは遅くなります。

RSIのみ2の方法を採用していますが、使い方は他と同じです。
(RSIでは、移動平均ではなく短期と長期を比較する方法が一般的です。)

RSI(14日) が (16日) より上  → RSIが上昇中
RSI(14日) が (16日) より下  → RSIが下降中
RSI(14日) が (16日) を上抜け → RSIが上昇に転じる
RSI(14日) が (16日) を下抜け → RSIが下降に転じる

また、ストキャスティクスSDはストキャスティクス%Dの移動平均ですし、DMIのADXRはADXの移動平均です。これらも「○○とシグナルのクロス」と同じ使い方ができます。


「よくある質問」に戻る