トレーリングストップとは何ですか?
トレーリングストップとは、株価が望む方向に動き続ける間は継続し、逆方向に動き始めてから手仕舞う手法です。 買いトレードの場合なら、株価が上がり続けている間は手仕舞わず、株価が反転して下がり始めてから売却します。

トレーリングストップには、いくつかの手法がありますが、パイロンでは、ストップ条件式のうち
「利益確保」、「株価反転」、「ATRストップ」
が株価が反転した時に発生するストップになります。

ただし、これらのストップ条件式は、含み益がマイナスの場合であっても発生しますので、含み益がプラスの場合のみという制限を追加するには、「利食い」と組み合わせましょう。詳しくは、取扱説明書のp.84 [ご注意]をご覧ください。

「よくある質問」に戻る