複数銘柄でテストすると、予算以上の買付が行われています
パイロンのバックテストは、1つの資金で1つの銘柄を売買することが基本となります。「複数の銘柄で一括テスト」とは、「一銘柄でテスト」をまとめて処理する機能であり、同じ資金で複数の銘柄を運用するわけではありません。

各銘柄ごとに売買を見ますと、必ず1回目のトレードが終了してから、2回目のトレードがスタートします。しかし、複数銘柄でテストした結果をまとめて見ますと、同じ日に複数の銘柄で買いが行われることもあります。

異なる銘柄であれば、それぞれ別の資金で買付となります。銘柄毎に予算を 用意しているという考え方です。

現実に「複数の銘柄を対象にしたシステム」を使って運用をするためには、同じ日に買いシグナルが複数出た場合、予算内でどの銘柄を買うかという銘柄選択のルールが必要になります。
そのため、現在のところ、同一資金で複数銘柄を運用するバックテストには対応しておりません。

「よくある質問」に戻る