参考書籍

パイロンユーザーにおすすめのテクニカル指標やシステムトレーディングに関する書籍を紹介します。
読みやすい入門書を中心にしています。

※リンク先サイトの内容や安全性に関して、弊社では一切保証できませんので、ご自身の判断にて閲覧してください。

システムトレーディングの入門書として

宇宙開発技術者が教えるテクニカル分析で儲ける上昇株発見法

著者:富太郎
出版社:あっぷる出版社

パイロンユーザーの富太郎さんが書かれた本です!
誰もが知っているようなRSIやVRなど定番のテクニカル指標であっても、利食いや損切りを加える、最適なパラメータを検証する、指標にあった銘柄を選ぶ、といった工夫を加えることで、どんどん成績がアップしていく様子をわかりやすく解説しています。
「儲かるストラテジーができなくて悩んでいる」という人にぜひ読んでいただきたいです。

「1日1回15分」たのしい 株 短期トレードの本

著者:阿部智沙子
出版社:東洋経済新報社

RSI、サイコロジカルライン、ストキャスティクスなど定番の指標の変則的な使い方が紹介されています。 ストラテジーの作成には、こういう「独自のアイデア」が欠かせません。

ネット投資3年で成功している私の連勝法

著者:高田智也
出版社:明日香出版社

対象銘柄を日経平均(ETF、先物)に絞ったトレーディングシステムを紹介しています。
パイロンは日経平均先物に対応していませんが、システムを作る上での考え方は参考になるでしょう。

株を極める! システム売買 プロのノウハウ

著者:照沼佳夫
出版社:日本実業出版社

日本人による株式投資トレーディングシステムについてのわかりやすい解説書です。 こういった本が出てきたことは、日本でもシステムトレードが普及してきた証拠だと思うと嬉しくなります。

ストラテジー作成の参考になる本

チャートの救急箱

著者:伊藤智洋
出版社:投資レーダー

数あるテクニカル指標をわかりやすく整理しています。 またテクニカル指標の組み合わせ方も紹介されているので、ストラテジー作成のヒントになるでしょう。

投資の王道

著者:新井邦宏
出版社:日経BP

こちらもわかりやすいテクニカル指標の解説本です。
ただし、筆者によるテクニカル指標の評価(A〜E)をうのみにするのではなく、 実際にパイロンで検証してみましょう。多くの発見があるはずです。

最強3点チャージ投資法

著者:明地 文男
出版社:徳間書店

有名な3点チャージ投資法の解説書です。
残念ながら絶版のようですが、amazonマーケットプレイスなら入手できるかもしれません。

六十にして株を知る 年金生活者のためのトレーディング入門

著者:増田正美
出版社:毎日新聞社

RSI、RCI、DMIの使い方のヒント、またボリンジャーバンドとDMIの組み合わせなど参考になるでしょう。

システムトレーディングについて詳しく学ぶために

売買システム入門

著者:トゥーシャー・シャンデ
出版社:パンローリング

トレーディングシステムの設計、テスト、分析など、一通りの流れを解説した本です。 入門書としては内容が難しいですが、とても内容が充実しています。